KOH-I-NOOR(コヒノール)の鉛筆

東欧の文房具メ-カ-といえばコヒノ-ル。
これはアンティ-クショップで見つけたチェコスロバキア時代のコヒノ-ルの赤青鉛筆。
黄土色が非常にいい味を出している。書き味も試したいけどもったいなくて使えない。
ドイツのFABER-CASTELL(ファーバーカステル)やSTAEDTLER(ステッドラー)などの有名メ-カ-に負けじと200年以上、今もチェコでがんばっている。
f0178396_16204044.jpg

f0178396_16211225.jpg

[PR]
by iciri-piciri | 2008-06-19 16:21 | STATIONERIES


<< 芯ホルダ-今昔 Schuler(シュ-レ-)の鉛筆 >>